トップ記事

閲覧ありがとうございます。

このブログでは基本的にポケモンの乱数調整の仕組み、たまにそれ以外の内容について書くことになると思います。
乱数調整関連の記事は発展的な内容が多いので、ある程度の知識がないと読み辛いかと思いますがご了承ください。
質問等はできるだけ調べてからして下さい。


このブログは(常識の範囲内で)リンクフリーです。


■やったことのある乱数調整
リンクで各記事に飛びます。

◆第3世代
 第3世代エンカウントテーブルまとめ
 ●RS
  ・ID調整
   ルビーID調整
  ・野生乱数
  ・色孵化乱数
  ・固定シンボル乱数
 ●FRLG
  ・野生乱数
  ・固定シンボル乱数
 ●Em
  ・野生乱数(+釣り、BV使用)
  ・色孵化乱数(+変わらずの石使用、BV使用)
   かわらずのいしを使用したエメループ色孵化
  ・徘徊乱数

◆第4世代
 入れ替えデータのスロットについて(大量発生、時間帯変化、ダブルスロット等)
 第4世代ID調整用初期シード検索ツール
  第4世代ID調整用初期シード検索ツール(WEB版)
 ●DPt
  DPtコイントス初期シード検索ツール
  ・ID調整
  ・野生乱数(+釣り、ノモセ、ポケトレ色、メロメロボディ)
   釣り乱数用ツールDPt
   ノモセ大湿原野生乱数メモ
    ノモセ大湿原野生乱数メモ2
   ポケトレ色乱数用ツール更新
    ポケトレ多連鎖乱数用ツール更新
     ポケトレ色乱数仕組み
      ポケトレ色乱数メモ
       ポケトレ色乱数メモ2
        いじっぱりVVUUVU色ダンバルを捕まえる動画
         ポケトレ色乱数@ツイキャス
   メロメロボディ乱数用ツール
    メロメロボディを利用した野生乱数
     ポケトレ併用によるメロメロボディ乱数
  ・孵化乱数
  ・固定シンボル乱数(+メロメロボディ)
  ・徘徊乱数
 ●HGSS
  ・ID調整
  ・野生乱数(+波乗り、サファリ、虫取り大会、メロメロボディ)
   乱数調整汎用ツール更新
   サファリゾーン乱数用ツール
    サファリゾーン追加ポケモン出現決定方法予想
     サファリゾーン野生乱数メモ
   虫取り大会野生乱数
  ・色孵化乱数
  ・固定シンボル乱数(+赤ギャラ)
   あかいギャラドス乱数調整
  ・徘徊乱数(クチバラティ、殿堂入り)
   クチバシティにおけるラティ乱数の不定消費について
  ・バトルフロンティア乱数(バトルステージ、バトルキャッスル)
   バトルステージ乱数概要
    バトルステージでのフリーズバグについて
     アンノーンでバトルステージを170連勝する(動画)
   ピカチュウのお城攻略(動画)
  ・戦闘乱数(+捕獲乱数)
   ホウオウを捕まえるだけ(動画)

◆第5世代
 ●BW
  ・オフセット計算(徘徊なし)
  ・野生乱数(+釣り、波乗り、大量発生、揺れる草むら、砂煙、ダブルバトル)
   BWなみのり、つり、大量発生野生乱数
   ドリュウズ野生乱数用
   揺れる草むら、砂煙を少ない歩数で出す方法
   BW野生ポケモンの持ち物について
   BW濃い草むらにおけるダブルバトルについて
   BW出現スロット等の閾値検証
  ・色孵化乱数(+オフセット・NPC考慮)
  ・固定シンボル乱数
  ・色徘徊乱数(+徘徊済み)
   徘徊済みボルトロス乱数調整
  ・ドーム乱数
  ・配達員乱数
  ・ものひろい乱数
  ・すいせいのかけら乱数(+ものひろい)
  ・ハイリンク乱数
  ・バトルサブウェイ乱数
   バトルサブウェイ乱数補助ツール
    バトルサブウェイ対戦相手決定方法
     A連打で行こう(動画)
  ・自動販売機乱数
 ●BW2
  BW2乱数調整について
  ・オフセット計算
  ・ID調整
  ・野生乱数(+揺れる草むら、ダブルバトル)
  ・固定シンボル乱数(+隠し穴、色オノノクス)
   自然保護区の色オノノクス乱数
  ・隠し穴出現ポケモン乱数
  ・ARサーチャー乱数
   ARサーチャー乱数の消費数
  ・色孵化乱数
   BW2孵化乱数用ツール更新(Ver1.4)
    BW2孵化乱数の仕組みと方法
     BW2通常色孵化乱数@ツイキャス
  ・ハイリンク乱数
  ・バトルサブウェイ乱数

◆第6世代
 ●XY
  ・孵化検証
   XY孵化仕組み検証
  ・固定シンボル乱数
   XY・ORAS固定乱数仕組み
 ●ORAS
  ・固定シンボル乱数

◆第7世代
 ●SM
  ・ID調整
  ・孵化乱数
   SM孵化乱数列を計算する
  ・固定シンボル乱数
   サンムーン固定乱数仕組み
  ・野生乱数(+UB)

◆他
乱数調整用ツール計算高速化の工夫
レストラン・ド・キワミのローテを指定ターンで勝つ


■その他

◆ゆず・ぱら(2014/09/30迄)
 ●カードの最終ステータス検証
  カードの最終ステータス検証
 ●強化時の経験値検証
  カードの成長度について(+ツール)
 ●イベントでのポイント計算について
  イベントでのポイント計算


Twitter→@water_blow
分かり辛いのが多いので、ここ宛にブログ内容について質問すれば適当に答えます。

続きを読む

レジェンドカード限定大会優勝

ハースストーンのレジェンドカード限定大会で優勝してしまったので、デッキ構築時に考えてたことを書きます。
※デッキ構築素人です。

このルールではデッキのほとんどがミニオンであり、盤面を覆す手段がかなり限られている。
そのため、序盤で盤面を失わないよう低コストミニオンを入れつつ、如何にしてずるをするかを中心に考えてデッキを組んだ。
以下、一部ずるカード考察。

◆中立

●バーンズ
このルールで一番ずるができる(と思ってる)カード。
コストも軽いので相手より先にずるができる。
半分くらいの確立でずるい奴が出るようにした。

●ケレセス公爵
2マナはこっちを入れてる人が多いと思う。
自分もこちらを採用。
ずるい。

●ミルハウス・マナストーム
2回戦の初戦でいきなりこいつとケレセスの両方を出されて負けました。
ずるいと思います。

●レノ・ジャクソン
全回復してくるずるい奴。
でも盤面は返らないのでなくてもいいとは思う。(ハンターでは未採用)
何回かテンポ出しした程度には活躍した。

●頽廃させしものン=ゾス
言わずと知れた超ずるいカード。
でもだいたい出す前に決着がつく。

◆ハンター

●キャスリーナ・ウィンターウィスプ
超ずるいムーブができる。
バーンズで大当たりになるのもずるい。
沼の王ドレッドとキングクラッシュの2種類だけが出るようにした。
ガーズリラを入れてもよかったかもしれない。
そのまま召喚してキングクラッシュを呼び出したり、
沁み出すウーズリング(変身者ゼラス)で断末魔コピーしてキングクラッシュ呼び出したり、
猟犬使いショーがいる状態でバーンズから引っ張ってきてそのままキングクラッシュを召喚したりした。
超大活躍。

●猟犬使いショー
軽くて良スタッツのくせにこいつがいるだけで盤面をとりながら顔も殴りに行ける超ずるいカード。
断末魔とも相性がいい。
大活躍。

◆ドルイド

●世界樹の小枝
最速で使えれば7-8ターン目にはずるができるずるいカード。
後から引いてもすぐにずるできるようガーディアン・メディヴも採用。

●魔蝕の病霜マルフュリオン
重いカードが多く採用されるルールで猛毒ミニオン2体召喚はずるい。

●アヴィアナ
重いが超ずるいカード。
忘却王クンと合わせて手札に来れば、10ターン耐えたら勝ちのゲームになる。
バーンズから出ても超ずるい。

◆ウォーロック

●マナアリの髑髏
このルールでハリソン・ジョーンズを入れない理由はないと思います。

●枷を打ち砕きし者クラル
他の強い悪魔共を引き連れて出てくるずるい奴。
重めなのと手札が揃わないとそこまで強くないのが玉に瑕。
マルガニスが一緒に出てくるのずるいと思います。

●屍山血河のグルダン
強い悪魔共を復活させてくるのずるい。
でも重いので長期戦向け。

●カザカス
数少ない盤面をひっくり返せる超ずるいカード。
盤面強化にも使えるのずるい。
地味に悪魔シナジーもある。


他ヒーローは割愛。

◆感想

割と満足いくデッキが作れたと思う。(特にハンター)
ハンターが7-0で大活躍したのは、単純に運が良かったというのもあるが、
「相手より先に」ずるできるデッキだったというのが大きかったと思う。
決着が10ターン経つ前に決まることも多かったので、デッキ構築の方向性は間違ってなかったと思う。

あと奇数ローグも組みましたが弱すぎたので使ってません。

楽しかったので、次もあれば参加したい。

ピカチュウのお城攻略(動画)

Pokémon RNG Advent Calendar 2017の22日目の記事です。
他の記事も面白いので読んでみましょう。そして参加しましょう。


HGSSのバトルキャッスル乱数動画です。



仕組みはバトルファクトリー独自の要素を除いてほぼ同じ。
バトルファクトリーまとめ - oupoの日記

違う箇所は以下。
・1戦ごとの乱数消費は12で固定
・コクランの手持ちは1戦目、2戦目ともに個体値All31

という訳で、以下動画で使用したデータとか。
続きを読む

乱数調整で遊ぼう解答

Pokémon RNG Advent Calendar 2017の9日目の記事です。
他の記事も面白いので読んでみましょう。そして参加しましょう。


先週@Blastoise_Xさんによりある問いが出されました。
乱数調整で遊ぼう - ろいしんぶろぐ

というわけで3時間で解いてみたのでその解答・解説です。
以下、ネタバレ注意。
続きを読む

XY・ORAS固定乱数仕組み

6世代でも固定シンボル乱数に成功しました。


というわけで仕組みとか。
検証中の部分が多いので、常に最新の情報に注意してください。


●仕組み

・乱数列
個体決定に使用する乱数列は5世代まででも使用していたMT。
起動する度に初期シード32bitを決定し乱数列を生成する。
フィールド上ではおおよそ60消費/秒で進み、ステータス画面等でも同様に進む。
スリープにすればさすがに止まりそう。(精度よく止められる気はしないので未確認)
乱数値は剰余ではなく5世代同様、商を用いる形式となっている。
(サンムーンでは剰余を使用)
5世代参考→http://blog.livedoor.jp/x_x_saki_x_x/archives/53962575.html

・初期シード
本体とセーブデータに依存する値にミリ秒を足した値のよう。
セーブし直さずに同じ本体で2回起動すれば、初期シードの差はおおよそ起動時間ミリ秒の差になる。
そのため同じセーブデータを使用すれば、サンムーンと異なり初期シードの範囲を絞り込むことが可能。(ソフトリセットでもOK)
初期シードはタイトル画面でのAボタンを契機として決定されると思われる。
(XYで待機時間を変更して確認、ORASは正確には未検証)
ちなみに本体の時間を変えても関係なく初期シードが変わったので、変えるだけ無駄です。
(本体初期化での挙動は未確認)

・個体決定方法
基本的にサンムーンと同じと考えられる。
3V確定の固定シンボルの場合、
 EC→PID→V箇所→残り個体値→性格
という順であった。
(複数特性ある場合等諸々未確認)


●乱数調整方法検討

現時点で乱数列の確認方法は出現個体の確認しか見つかっていない。
また、出現個体の消費数も毎度1/60秒を合わせられる訳ではないので、多少の幅が出てくる。
そして、野性ポケモンを出現させてわざわざ個体値を完全に特定したとしても、情報量的に32bit全探索の場合は初期シードを完全に特定できるとは限らず、基本的に2匹以上の個体値特定を行うこととなる。
そのため、毎度32bitの初期シードから全探索を行うのは相応の労力が必要となる。
そこで、本体とセーブデータを固定した場合の性質を利用する。

一度起動時刻をメモし、野生ポケモンの個体から初期シードを特定する。
すると、同じ本体とセーブデータを使用する限り起動時刻からおおよその初期シードの値を推定することができる。
その後、捕獲の必要のある初期シードの確認有無で2通りの方法が考えられるので、それぞれのメリットデメリットを挙げてみる。

1.初期シード確認を行わない場合
・メリット
事前に待機時間を計算することになるので、待機時間の管理が楽。
毎度ポケモンを捕獲する必要がない。
・デメリット
試行回数を減らすには起動時刻のミリ秒単位の時間の管理と相応の精度が必要。
(1/60秒の精度が出せたとしても初期シード候補は16-17程度になる)

2.初期シード確認を行う場合
・メリット
待機時間の管理さえできれば調整が比較的容易。
・デメリット
毎度ポケモンを捕獲して初期シードを特定する必要がある。
乱数消費を止めないと目標個体検索中も乱数消費が進むので、待機時間の管理が難しい。

どちらも試してみたが、1.は初期シードを安定しなかったので2.の方で調整することとした。


●やってみた

というわけで、以下実際に固定シンボル乱数を行った手順。
完了までセーブを行わず、同じ本体で実施。

0.準備
以下の作業を行いやすい場所でセーブする。
起動時刻をメモして起動し直し、野性ポケモン2匹を捕獲する。
捕獲したポケモンの個体値から初期シードを32bit全探索し、初期シードを特定する。

以下ループ。

1.初期シード特定
起動時刻をメモして起動し、野性ポケモンを捕獲する。
捕獲したポケモンの個体値から初期シードを検索し、初期シードを特定する。
(高Lvのポケモンであれば1匹でもそのままのステータスだけで特定が可能)

2.個体検索
特定した初期シードから目的の個体を検索する。
検索結果と経過時間から残りの待機時間を計算する。

3.乱数調整
計算した待機時間待機し、ポケモンを出現させる。


●その他

操作統一前は消費数が安定しなかったので、何かしらの操作をすると一時的に消費数が変わるのかもしれない。(未検証)

ループ時の初期シード特定だが、野生ポケモンのLvが低い場合個体値測定にPSSの対戦をするという方法もある。
その場合、通信を切断して終了すると消費数が安定しなかったので、面倒でも降参して終わらせることを推奨する。
また、Lvが低すぎなければ2匹捕まえるという手段もある。
その場合、予め2回ともタイミングを決めておくと初期シード候補の絞り込みがやりやすいかと。
ちなみにタイミングを合わせる場合、水上であまいかおりを使うとよい。
(草むらで使うと群れが出てくるクソ仕様乱数調整しかしないので努力値振りは知りません!


スリープ中に乱数消費が止まるのであれば、起動から一定時間後にスリープして検索諸々を行えば待機時間管理自体はやりやすそう。
(どの程度精度が安定するかは知らない)
サンムーンのQR針的な存在があればいいんだけどね。
 
プロフィール
さき

ポケモンの乱数調整とかツールとか。サンムーン乱数調整できました。
Twitter→@water_blow

広告
最新コメント
記事検索